Now Loading...

Now Loading

現場の顔

『大好きなサッカー観戦はお客様への声掛けにもつながりそう!』

Miki M| 米八西日本 | 店舗スタッフ

Q.入社動機は?
A.商品と人。
商品に魅力を感じていたのと、売り場で楽しそうに働いている先輩を見て一緒に働きたいと思い応募しました。 働き始めの頃は不安もありましたが、仕事を覚えたいくにつれて求められること以上の動きができるように率先して動くように心がけました。

Q.仕事の難しいところは?
A.それぞれのお客様に適切な対応をすること。
お客様が求めているものをいち早く察知して求めているものに近づけるように商品のご提案をすることにやりがいを感じています。 それぞれのお客様への適切な対応をする為には避けることなくとにかく多くのお客様と接するように努めています。

Q.オフの日の過ごし方と今後の目標は?
A.何事にも向上心を持って先輩からたくさんの事を吸収し今後の成長につなげていきたいと思います。休みの日にはサッカー観戦をするが大好きです。大きな声で応援することはお客様への声掛けにもつながりそうです。

トップメニューに戻る

『お客様に対して真摯であれば必ず感謝の言葉で戻ってくる。』

Daiki U| 米八東日本 | 店長

Q.入社動機は?
A.米八の「つなぐ」理念に共感したので。
就職活動の際に食に携わる仕事を中心に応募をしていました。 米八の「つなぐおいしさ」というおこわの味を母から子、子から孫へと将来につないでいく理念に共感を覚えて応募しました。

Q.実際に働き始めるまで心配だったことは?
A.調理の仕事の経験がなかったこと。
料理自体は普段からしていましたが、調理の仕事の経験は無かったので少し不安がありました。最初の配属店舗が東京ミッドタウン店でイートインがあったので作業をこなせるか心配でした。最初に教えて下さった方がとても分かりやすく教えてくださって問題があればすぐに修正点を教えてもらえたのですぐに不安はなくなりました。教育→実行→修正→実行を繰り返しおこなうことでルーティンを作り上げることで克服できました。

Q.主な仕事の内容は?
A.お客様が欲しい商品を欲しい時に買えるお店作りをする。
店長業務としてはシフトの管理、MDの作成、スタッフの教育、働きやすい環境作りによってお客様が欲しい商品を欲しい時に買えるお店作りをすることが主な仕事です。現在はグランスタ東京店という繁忙店に配属させていただいているので様々なお客様が来店されます。東京駅ということもあり地方からいらっしゃるお客様も大勢いらっしゃいます。お客様が再来店して下さり「米八のおこわは美味しいのよ。」とお褒めの言葉をいただいた時にやりがいを感じます。

Q.仕事の難しいところは?
A.全スタッフ間の意思統一とコミュニケーション。
グランスタ東京店では早番・遅番に分かれているので全スタッフ間での意思統一や業務の徹底・遵守を常にやり続けることが簡単ではありません。朝礼での伝達や連絡ノートでの連絡。一人一人へのコミュニケーションを図る際に今後のどのようにお客様へアプローチするかを伝えていくことを常に意識しています。

Q.オフの日の過ごし方と今後の目標は?
A.大学時代から洋服が好きでお洒落をして洋服屋さんを巡るのが好きでした。最近は子供が生まれたので家で子供と遊んだりお出かけするのが楽しいです。スポーツはサッカーが好きなので欧州のサッカーをよくチェックしています。
お客様がまた来店したい。楽しくお買物していただけるお店作りをしてお客様に愛されるお店を目指しています。そして「おこわを売っているお店」ではなく「炊き立ておこわの米八」とお客様に認知していただけるようなお店を作ることが目標です。

トップメニューに戻る

『日々試行錯誤しながら業務に取り組んでいます。』

Takanori N| 米八西日本|店長

Q.入社動機は?
A.活気のある売り場と商品との出会い。
自宅から近隣の百貨店に立ち寄った際に食料品売り場で一際活気のあるテナントを発見しお赤飯を購入したのが「おこわ米八」との最初の出会いでした。飲食・デパ地下関係で働きたいと思うようになったきっかけも活気ある売り場・美味しいお赤飯を販売している「おこわ米八」でした。

Q.実際に働き始めるまで心配だったことは?
A.商品の製造。
活気ある売り場になじめるだろうか、お赤飯をはじめとする「おこわ」の製造や弁当製造に対する不安はかなりありました。最初に配属となった百貨店・店舗での教育や現場店長から、初めは売り場で声出しや接客の指導、順次厨房作業を教わり、日を重ねるごとに不安は無くなっていきました。

Q.主な仕事の内容は?
A.1日の構成を考え実行すること。
日々、売上を意識し予算、前年対比をもとに一日の構成を組み立てます。販売員の人員体制、弁当の製造数、それにともなうおこわの量、色々吟味しながら最終的に売上達成した時にはやりがいを感じます。スタッフとのコミュニケーションも重要です。販売スタッフと厨房スタッフ。互いの専門性を理解し合い各々の能力を最大限に発揮しながら意見交換をし、その日その日に合った商品構成・人員体制をとるようにしています。

Q.仕事の難しいところは?
A.現場の流れを読み解き、そして調整すること。
いつも前年、予算通りの売上・製造数が当てはまるわけではなく天候やイベントなどで来客数も変わってきますのでそれを見極め対応していかなくてはならない難しさがあります。売れる商品も時間帯やお客様の年齢、性別などで変化し日々試行錯誤しながら業務に取り組んでいます。

Q.オフの日の過ごし方と今後の目標は?
A.月8日の公休日をいかして朝から子供と出かけたり夏季休暇もあるので家族で旅行や実家に帰るなどしてオフを過ごしています。今は現場店長として経験を積んでいる段階ですが目標としては指導できる社員として会社を支えていきたいと考えております。

トップメニューに戻る

『食べる事とお酒を飲むのが好き。いろんなお店に行っては美食を楽しんでます』

Takuya F| 米八東日本 | 店長

Q.入社動機は?
A.食に携わる仕事をしたくて応募しました。

Q.実際に働き始めるまで心配だったことは?
A.販売業をしたことがなかったため実際に売り場に立つのが不安でした。
先輩社員の方の丁寧な指導で接客を教えていただいたので不安を克服できました。

Q.主な仕事の内容は?
A.おこわ・お弁当の製造・販売・売上管理
売上やお客様の動向を見て商品管理をし予算を達成できたとき、お客様から「美味しかった」「ありがとう」などの声を頂いた時にやりがいを感じます。

Q.仕事の難しいところは?
A.お客様が本当に欲しいものを汲み取りご提案すること。その日の店舗の動向を読んで商品量を調節すること。
接客に関しては自身の持つ商品知識をより深めお客様との会話のきっかけを作れるようにすること。商品量予測については過去の状況と数字を分析して、リアルタイムで調整しています。

Q.オフの日の過ごし方と今後の目標は?
A.食べる事とお酒を飲むのが好きなので休みの日にはいろんなお店に行って美食を楽しんでいます。今は1つの店舗を管理するので手一杯ですが今後は複数のお店をみられるようになりたいです。

トップメニューに戻る