L O A D I N G

現場の顔

優しい気持ちで心を込めて

有益な人物になることが目標

自分の成長を日々感じる事ができる

商品ひとつひとつ、心を込めてご提供

何事にも妥協しないで
美味しいおこわを製造していきたい

『優しい気持ちで心を込めて』

Miki K | 米八西日本 | 店長

  • Q.入社動機は?
  • A.先人たちの意思を受け継いでいきたい
    長期間派遣として勤務させていただいてきました。当初から商品に魅力を感じていましたが、次第に先人たちの意思を受け継いでいきたいという強い思いになった為です。
  • Q.実際に働き始めるまで心配だったことは?
  • A.新商品のおこわや弁当の製造、厨房機器のメンテナンスなど分からない事に直面した時。
    先輩や上司に聞いたり、商品部が丁寧に作って下さるレシピを熟読してから作業します。新しい仕事にチャレンジし成功する事によって自信に繋がりました。
  • Q.主な仕事の内容は?
  • A.店舗の責任者として、厨房、店頭のフォロー、百貨店関連の業務。時にはテレビ、雑誌の取材などもあります。長年販売を続けていると常連のお客様が増え、事前に私がいるかどうかのお電話をされてからご来店いただく事もあります。その笑顔を見ると嬉しくやりがいを感じます。
  • Q.仕事の難しいところは?
  • A.販売員さんの教育もさせいていただくのですが、個人差もある為なかなか伝わらない事もあります。自ら手本を見せ、時間をかけて説明する。また、その方がやりやすい方法を考え、上手く出来ればちゃんと褒める。そして皆でフォローできる環境を作る。
  • Q.オフの日の過ごし方と今後の目標は?
  • A.見識を深める為に周りの景色や人、物に触れたり散策したりします。また茶屋町カフェ、ランチや映画観賞などでゆっくり過ごすようにしています。個人に合わせた人材育成をし、素敵な後輩を育てていきたいと考えています。そして一人でも多くのお客様に「美味しい」といっていただけるおこわを心を込めてご提供させていただく事です。
  • Q.メッセージ
  • A.季節のおこわや旬の食材、ディスプレイなど四季を感じる事ができる職場です。また、年間行事や繁忙期を仲間と共に乗り越えるのも楽しいものですよ。優しい気持ちで心を込めての接客、それがお客様づくりの第一歩です。
『有益な人物になることが目標』

Yusuke A | 米八東日本 | 店舗スタッフ

  • Q.入社動機は?
  • A.お赤飯という文化」に携わる仕事がしたい
    昔から家族で日本の伝統食であるお赤飯を食べてきました。「お赤飯という文化」に携わる仕事がしたいと思い米八に応募しました。
  • Q.実際に働き始めるまで心配だったことは?
  • A.学生の頃は自炊などしていましたが、お客様にご提供するお弁当の製造がしっかり出来るのか不安でした。先輩方がゼロからしっかりと教えてくださり、問題があれば、すぐに「修正」し、「改善」するといったプロセスを繰り返す事で克服することができました。
  • Q.主な仕事の内容は?
  • A.お客様のご要望を組み取り、お客様の欲しいと思えるお弁当をいつでも買うことのできるお店作りをしています。現在サービスエリアに配属になっています。百貨店とは少々違い若い方から御年配の方まで様々なお客様にご来店いただいております。常連さんから「米八のおこわは美味しいね」「また来ます!」などのお言葉を頂いた際には、次回はもっと美味しいおこわをご提供できるようにと気合が入ります。
  • Q.仕事の難しいところは?
  • A.曜日や天候に合わせておこわ、お弁当の製造を調整すること。
    サービスエリアでは平日と休日で売り上げが大きく変わります。また、急な雨や交通事情によっては、急に売れなくなったりします。日々の製造の調整をする事がとても難しいです。全スタッフがコミュニケーションをしっかり取り、どんな状況でも臨機応変に対応できるようにすることが大切だと思っています。
  • Q.オフの日の過ごし方と今後の目標は?
  • A.食べることが好きなので、休みの日にはおいしいものを食べています。食べるという事が自体が仕事へのモチベーションにつながると思っているので、意識的にそうするようにしています。 いろいろな店舗を経験し、会社にとって有益な人物になることが目標です。
  • Q.メッセージ
  • A.米八は社員一人一人を大切にするあったかい会社だと感じています。是非、米八の一員として一緒に働けたらすごく嬉しいと思います!
『自分の成長を日々感じる事ができる』

Yusuke I | 米八西日本 | 店舗スタッフ

  • Q.入社動機は?
  • A.大学の頃に飲食店でアルバイトをしており、食に関わる仕事に就きたいと思っていました。
  • Q.実際に働き始めるまで心配だったことは?
  • A.就職するまでは飲食店の厨房で働いた経験しかなかった為、お客様との接客が不安でした。
    レジ業務などの不安な要素はまだありますが、回数を重ねる事で克服へと繋がりました。
  • Q.主な仕事の内容は?
  • A.朝からおこわとお弁当の製造に取り組み、開店の時間までに売り場に商品を並べます。日々の食材や包材の発注業務も欠かせません。毎日新しい事を覚えられる事にやりがいを感じています。日々の仕事により自分自身の成長を感じられるようになりました。
  • Q.仕事の難しいところは?
  • A.日々、店舗の売り上げは変化しますが、それに伴い店頭の品数やラインナップを少しずつ変えていく必要がある為、常に周りの状況把握が必要です。時には周りの方々に助けてもらう事も必要ですが、常に「現状を考え行動する」といった経験の繰り返しこそが克服へと繋がると考えています。
  • Q.オフの日の過ごし方と今後の目標は?
  • A.休日は好きな映画を観たりします。お気に入りの映画は何度観ても飽きず心のリフレッシュにもなります。今後入社される後輩の方々に、楽しく仕事を覚えられるようにサポートできる先輩になれたらと思っています。
  • Q.メッセージ
  • A.日々自分の成長を感じる事ができる。とてもやりがいのある仕事です。仲間と共に一つ一つ覚えて、「一人前」を目指しましょう!
『商品ひとつひとつ、心を込めてご提供』

Yuiko S | 米八西日本 | 店舗スタッフ

  • Q.入社動機は?
  • A.米八の「つなぐおいしさ」という温もりを感じる理念に共感を覚えた点、そして旬の食材を使用した季節のおこわを取り扱う点で強く魅力を感じ応募しました。
  • Q.実際に働き始めるまで心配だったことは?
  • A.最初の配属先は繁忙店で、販売業の経験も浅かったため、しっかり仕事を覚えていけるかだろうか、先輩方のスピード感についていけるだろうかという不安がありました。店長をはじめ、職場の皆様がとても丁寧に、段階的に分かりやすく指導して下さり、経験を重ねることで少しずつ克服することができました。
  • Q.主な仕事の内容は?
  • A.五色おこわ等、おこわ商品の製造、おこわの量り売りやお客様の選ばれたおこわをお弁当にお詰めする接客販売、厨房でのお弁当、おこわ製造に従事しています。商品ひとつひとつ、心を込めてご提供しておりますので、「おいしそう!」「おいしかったよ」「ありがとう」といった、お声をお客様からいただいた時にとても嬉しく、やりがいを感じます。
  • Q.仕事の難しいところは?
  • A.商品展開の仕方や、おこわ、お弁当の追加製造について適切に判断することに難しさを感じています。過去のデータをしっかり分析し、日々の予算・売上・製造数・コスト等、数字の意識を高めていくことで、自信をもって判断していけるようになりたいと思っています。
  • Q.オフの日の過ごし方と今後の目標は?
  • A.食べることが大好きなので、友人と食事に出かけることが多いです。出先で良いなと思ったディスプレイや接客は自身の仕事に活かせるようにしています。家では、絵を描いたりして、のんびりと過ごしています。商品知識を深め、お客様に商品の魅力をお伝えする力をもっと身につけていきたいです。また、お弁当製造、おこわ製造スキルを向上させ自信をもってこなせる仕事を増やしていきたいと考えています。
  • Q.メッセージ
  • A.仕事が多く毎日大変ですがお客様の喜ぶ顔を間近で見るとやりがいを感じます。ぜひ一緒に米八で働きましょう。
『何事にも妥協しないで美味しいおこわを製造していきたい』

Makoto T | 米八東日本 | 店舗スタッフ

  • Q.入社動機は?
  • A.私が通っていた専門学校の先生の御友人が米八で勤めており、先生から受けてみないかと薦められ、以前から米八のお弁当は食べていたこともあり、これも何かの縁だなと思い応募しました。
  • Q.実際に働き始めるまで心配だったことは?
  • A.おこわやお弁当を食べたことがあっても、製造するとなると自分にできるのかとすごく不安でした。それと会社の人たちと良い人間関係をつくることも不安でした。おこわやお弁当製造は、最初はみていても聞いてみても実際にやってみるとうまくいかなかったのですが、回数を重ねていくうちにをコツを掴めました。周りの社員さん方にも恵まれ、丁寧に指導していただきました。
  • Q.主な仕事の内容は?
  • A.厨房では、おこわ、お弁当の製造。売り場ではお客様との接客販売に従事しています。自分が製造に携わったおこわやお弁当をお客様がご覧なり、手にとって買われていかれる事にやりがいを感じます。自分が一生懸命に製造したもの買って頂くというのはやはり嬉しいです。
  • Q.仕事の難しいところは?
  • A.仕事量が多いので、どういう順番でどうすれば効率が良いのかを自分なりに考え行っていくことに難しさを感じます。先輩社員さんが、自分と同じ仕事をしている場面を見て、もし自分とやり方違っていたら、次の時にはそれを真似てみたりしながらも、自分なりの創意工夫をもって克服していきたいと思っています。
  • Q.オフの日の過ごし方と今後の目標は?
  • A.仕事のオンとオフが大切と思っており、運動するのが好きなので趣味のテニスで汗をかいてリフレッシュしたり、友人と食事するなど、休日をとことん楽しむようにしています。誰が食べても美味しいといわれるおこわを製造できるようになりたいです。そして「また食べたい」と思っていただけるおこわを作ること。何事にも妥協しないで美味しいおこわを製造していきたいです。
  • Q.メッセージ
  • A.製造や接客などやることは多いのですが、その後の達成感もとても多いです。私自身まだ入社して浅いのですが、この一年で多くを学ぶことができました。少しでもおこわ米八に就職を考えているならば、是非一緒に働きましょう。